読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Everyday is a brand new day

英語のこと、英語教育のこと、教育のこと、ニュースのこと、子育てのこと、コミュニケーションのことなど、人生の、豊潤のためのブログ

ENGLISH SUBJECT

One of the things that has been surrounding English eduction is the debate about that the English is the subject of liberal arts or skill-oriented.
英語教育をとりまく話の中に、英語という教科は教養教科か、技能教科か、という話があります。

I think BOTH is the answer.
僕は 両方 が答えだと思う。

When it comes to the aspect of skill-oriented, English subject is fundamentally hard for students, because this means that they are required to ACQIRE the skills: THAT students would be required to play sports completely well is to PE, what THAT students are required to acquire the skiils is to English.
技能面で言うと、根本的に英語科というのは生徒にとっても大変です。言語を習得しなくてはならない、つまり、体育でスポーツをするときにめっちゃ上手くプレイ出来るようになることを求められているのです。

In view of this, teachers essentially need to be a COACH for the students' English skill training.
この点から考えると、英語教員は生徒の英語トレーニングのコーチにならねばなりません。

If it is a club activity, there's just a way for students, which is "DO or DON'T", because they have their goals as a club.
ただ、もしクラブなら「やるかやらないか」で通じます。クラブとしての目標があると思うので。

However, since it is a subject for which not all the students are highly motivated to acquire English skills, it's not easy for teachers to make them study and use English in class.
しかし、全員がものすごくやる気があるとは限らない、「教科」なので、教員にとっても全員を勉強させ英語を使用させるのは簡単ではありません。

But, i would say it's true that most of them, in fact, want to acquire those English skills.
ただ、ほんまは、生徒たちはみんな英語ができるようになりたいと思ってると、僕は思います。

What teachers need to do is that not to ask them "will you DO or DON'T", but diagnose them asking "what made you DON'T", then help them to increase what they can do with their own situations.
教員の仕事は、「やるかやらないか?」を問うことではなく、「なんでやらないのか」を問いつつ、彼/女らをちゃんと診ることです。そして彼/女らの状況で、出来ることを増やしてあげることです。

Counseing is an essential factor when teachers want to educate the students.
カウンセリングは、生徒をエヂュケイトする上で必要不可欠な要素だと、僕は思います。