読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Everyday is a brand new day

英語のこと、英語教育のこと、教育のこと、ニュースのこと、子育てのこと、コミュニケーションのことなど、人生の、豊潤のためのブログ

REVISING

One of my jobs is so called "public relations". 
僕の仕事のひとつに、いわゆる「広報」というものがあります。

One thing I have to do is to ask students to write a kind of essay about their activities of some paticular events and to touch up, revise and emend the essays they submitted.
その仕事で、生徒に対して、彼/女たちの何かしらのイベントの際の活動に関して、エッセイを書いてもらい、それらを添削し、修正、校正をします。

I have revised them repeatedly many times, and today I really realized that I had been better at rivising essays students wrote.
なんども繰り返して訂正するのですな、今日、生徒の書いたものを訂正すること自体がすごく上達していると感じました。

That feeling reminded me of the feeling I felt recently that I have been being a little better at writing things.
最近、なんだか何かを書くことに対して以前より得意になってきているなぁと感じていたことを思い出したのですが、

Now I'm sure that revising or emending writings can make you be better at writing other things.
書き物を修正したり校正したりすることは、他のものを書くときの書く力を向上させるんだなぁと思いました。

This can be adapted to writing practice in English class. When it comes to writing practice, students need to have the opportunity to revise and emend what they wrote REPEATEDLY.
これは、英語授業のライティングの練習にも言えることだと思いました。ライティング練習に関して言うと、生徒は繰り返し自分たちの書いたものを訂正し校正する機会が必要です。

Maybe, most of writing practice carried out in class are insufficient to improve pupils' writing ability. 
おそらく授業で行われる多くのライティング練習では、生徒のライティング能力をあげるにはまだ不十分なのかなぁと思います。

I would like to have the students repeatedly have the opportunity to revise and emend what they write in the current lesson.
いま行っているレッスンで、繰り返して彼/女が彼/女らの書いたものを訂正し校正する機会を作りたいと思いました。