Everyday is a brand new day

英語のこと、英語教育のこと、教育のこと、ニュースのこと、子育てのこと、コミュニケーションのことなど、人生の、豊潤のためのブログ

REFRAMING

Do you know “reframing” ?
突然ですがみなさん、リフレーミングを知っていますか?

 

You first make a “frame” when you perceive something.
人はまずなにかを認識する際に、まずはじめにフレームを作ります。

 

For example, imagine you got scolded by a person, then you would recognize h/im/er as a “scary person”. “Reframing” can change the way you think what s/he is. If you change the word a “scary person” into “a person who can h/is/er opinion honestly” or “who can sincerely think of others”, the way you think what s/he is would be different.
たとえば、とても怖そうな先輩に注意をされたとします。
その時点でまずはあなたはその人を「厳しい人」や「怖い人」と認識すると思います。リフレーミングとは、一度立ち止まりその見方を変えること。
「厳しい人」「怖い人」という認識は、別の見方をすると「後輩想いの人」「自分の意見を言える人」という見方に変容します。

 

“Reframing” is the way you perceive something that once you have already done in a different way again.
作ったフレームをもう一度はめ直すこと。それがリフレーミング
※この考え方もし正確でなければご指摘ください!

 

This is essentially important when you communicate with each other smoothly.
円滑なコミュニケーションのためにこのリフレーミングは必要不可欠なものだと感じています。

 

I learned this when I joined in a teacher training program, and I noticed that my mother has often been doing it since I was young, so I have naturally been reframing things when I perceive something.
このリフレーミングはとある研修会で学ばせていただいたのですが、実は母がリフレーミングをよくしていたと気づき、自分も自然とリフレーミングが習慣づいていたと気づきました。

 

But the knowledge “reframing” enables me to notice when I reframe something or other people do it. Now, I would like to give you an exciting example of reframing I found these days.
しかし意識して考えたこともなかったので、改めて「知識」として手に入れて自分自身もいろんなことを意識的に捉えられるようになりました。最近見つけたとてもワクワクするリフレーミングを紹介したいと思います。

 

My daughter has recently started to talk a lot, and she tries various things; she wants to do a lot of things such as folding ORIGAMI or holding a chopstick.
Then she always said “I can’t do it!”
最近、2歳になった娘は言葉をたくさん話し始めるようになりました。
そしていろんなことにチャレンジしてみます。
お箸をもつこと然り、折り紙をおること然り、とにかく自分でやってみたい。
ただ、ことあるごとに、「できないよぉ〜できない!」
とたくさん言っていました。

 

At those times, I always asked her what happened, showed her how to do them, and waited for her until she accomplished it.
But she again said “I can’t do it!” repeatedly.
She definitely wanted a [result] in this communication.
そういう時、僕は毎回「どうしたん?」と聞いていました。そしてやり方を示し、娘が自分でできるように、待つ。
少しして、また娘が言います。「できないよぉ〜!」
このやり取りの中では、あきらかに娘は【結果】を欲していました。

 

One day, my wife was doing something with my daughter.
ある日、妻と娘がなにかをしていました。

 

At that time, my daughter, as usual, said
“I can’t do it!”
to my wife.
その時もチャレンジ精神旺盛な娘がなにかをやっていました。
そして妻に言いました。
「できないよぉ〜」

 

Then, the response of my wife’s was completely different from that of what I did.
She said,
“Don’t say ‘I can’t!”
“Say ‘how can I do it?”
その時妻が放った言葉は僕とは明らかに違っていました。
「できないって言わないよ〜。どうやってやるの?でしょー」

 

I was impressed at that moment, because that is a very interesting reframing.
Imagine the difference between an adult who has been always using CAN’T when they actually can’t do something and HOW CAN I.
すごいと思いました。
“おお!めっちゃすごいリフレーミングやん!”と思いました。
なにがすごいかって、その時想像したんです。なにか実際にできないことに面してきたときに、ずーと【出来ない】という言葉を使って育つことと、【どうやってやるのか】という言葉を使って育つことの差を。

 

Every one of us often use CAN’T, but it could make the transformation from [result]-based thinking into [process]-based thinking to use HOW CAN I instead of CAN’T. This could enable you to enjoy the process toward a difficulty.
人は自然と「できない」と言います。しかし幼い頃から「できない」という言葉を使うのではなく、「どうやってするのか?」という言葉を使っていくと、考え方も【結果】思考から【過程】思考になるのではないか。【過程】を楽しめる思考が養えるのではないか。

 

Since then, I have tried to say
“Don’t say ‘I can’t!”
“Say ‘how can I do it?”
Then, she has recently started not to use CAN’T.
それ以来、僕も娘がなにか「できない」というたびに、
「できない、じゃなくて、どうやってやるの?やろ〜」
と言うようになったのですが、なんと最近娘は「できない」と言わなくなったのです!

 

Instead, she always asks me
“How can I do it?”
In my perspective, what she require is not just a [result], but its [process] or a [sense of achievement].
代わりに、自分から「どうやってやるの?」と聞くようになりました。
娘が求めているものも、変わってきているのでしょうか。個人的には【結果】ではなく、自分でできるという達成感を求めるようになった気がします。

 

Unless you stop using CAN’T, you require just a result. Two-year old girl could be satisfied with it. However, things she needs while she has been growing up are [proocess] and [strategies]. The transformation from using CAN’T into using HOW CAN I? would make her not require just a [result] but a [process] and [strategies]. I believe that this is an idea worth spreading.
「できない」のままだと、直接答を求めてしまいます。つまり、欲っするものが【結果】です。2歳だと、それで満足かもしれません。ただ、彼女が成長するにつれて必要なのは【過程】であり【やり方】です。「できないよぉ〜」という言葉を「どうやってやるの?」という言葉に変えさせるだけで、答を求めるのではなく、その【過程】【やり方】を求めていくようになるのであれば、これはまさにideas worth spreading です。

 

So please tell your neighbor young friends not to say “CAN’T”, but to say “HOW CAN I DO IT?” when they are getting in trouble.
小さい子が、「できない!」と嘆いているときには、「どうやってやるの?」って言ってごらん、と伝えてあげましょう!

LIFE IS A JOURNEY

"To live is to journey, and to journey is to live."
「人生とは旅であり、旅とは人生である」

 

This is a phrase said by Hidetoshi Nakata, a professional soccer player who had been active in Japanese national team.
これは、サッカー日本代表で活躍した中田英寿さんの言葉です。

 

The first time I know this phrase was when I was 12th grader in senior high school. In those days Hide retired playing soccer in a professional team, and he gave this phrase to the title of his retirement statements.
初めてこの言葉を知ったのは、高校3年生のとき。彼が、プロサッカー選手を引退し、この言葉を引退声明のタイトルとしていました。

 

Somehow this has kept impressing me, and this, these days, often comes up to me. Thinking about this phrase, I realized a thing, about a purpose of life and journey.
なぜかこの言葉がずっと残っていたんですが、最近よく頭に出てきます。この言葉について考えていると、ふと人生や旅の目的について閃きました。

 

For what do you live and journey?
人はなんのために、生きるのか。旅をするのか。

 

I often hear the phrase, "life is a journey to find yourself"; however, what's more necessary for you is to know that "life is a journey to CREATE yourself".
よく「人生は自分探しの旅」という言葉を聞きます。でも、もっと必要なのは、「人生は自分創りの旅」だと知ることだと思います。

 

Reffereing to Hide's phrase, I would say "To live is to journey and to journey is to live, to create yourself."
ヒデの言葉を借りるなら、
「人生とは旅であり、旅とは人生である。自分創りのための。」

 

A problem is that schools might not teach the crucial fact so that bunch of people may not be
aware that they are creating themselves day by day.
問題は、学校がこの揺るぎない事実を教えてなくて、多くの人が日々自分創りをしているという自覚がないかもしれないということ。

 

I think to be aware of this is essentially important if people want to be happy, so I want to tell it to the students in charge.
人が幸せであるためには、この自覚はとても大切だと思うので、生徒には伝えていきたいなぁと思う。

 

Having goal is important but realizing purpose could be more important.
目標は大切だけれど、目的はきっともっと大切で

 

Thinking of what you will be in the future is necessary but not sufficient.
The more important thing is thinking of what you want to be now.
将来どうなりたいか、を考えることは必要ではあるけど十分なものではなく、今、どうありたいか、が本当に大切なことだということを。

 

All of creatures are to die sooner or later. You can never avoid it. That means to live is to get dying.
全ての生物は、遅かれ早かれいなくなる。決して避けられない。それはつまり、生きていくことは、死んでいくことということ。

 

Then, what's the role of "school"?
であれば、「学校」の役割とはなんだろう?

 

What should a teacher tell to the students?
教師が伝えるべきこととは?

 

"Life is a journey to CREATE yourself"

 

As Hide stated when he was 29 years old, I would state this at the same age.
中田英寿さんがあの言葉を残した29歳の時に、自分もこの言葉を残したい。

FAMILY

When do you feel you are happy most? What's the most precious happiness for you?
あなたはいつ幸せを感じますか?何が最もかけがえのない幸せですか?

 

For me, it is definetely staying with my family, becuase they make me fun, happy and what's more, more energetic.
僕にとっては、家族との時間です。
楽しくて、幸せで、元気にしてくれます。

 

A few weeks ago, when I went home and felt exhausted reflecting how I was bad at speaking in classes, my wife came and told me an interesting and funny story.
数週間前の話。その日あんま授業でうまく話せなかったなぁ〜と反省しながら疲れて家に帰ると、妻が面白い話をしてくれました。

 

She said "I felt that infant is very pure."
「子どもって、ほんとにピュアだよなぁ」と言いました。

 

That day, our daughter, who can now speak not only just a few words, but a few sentences, said something funny.
その日、最近色んなことを話すようになってきた娘が、面白いことを言ったそうです。

She said "it's shining. it's beautiful", looking at her own No.2, which all of adults would never say.
自分のうんちをみながら、
「キラキラ〜、綺麗」
大人やったら誰も言わないであろうセリフ。

 

When I heard that story and my wife's respose to it, I laughted a lot, and I felt relaxed.
この話、そして妻の反応を聞いた時、めっちゃ笑ってしまい、同時にリラックスできました。

 

I want to thank my family, who always makes me feel good.
いつも、幸せに感じさせてくれる家族に感謝です。

 

I always go to work before they wake up, and come back after they felt asleep.
I can't have a day-off.
But they always smiles at me when we are together.
いつも起きる前にでて、寝たあとに帰って来る。
1日休みもほとんどない。
そんな状況でも、一緒にいるときは笑ってくれる。

 

I don't want to take them for granted.
I don't want them to take me for granted.
"当たり前"にしないようにしたい。

 

, because they are the most precious happiness for me.
とってもかけがえのない存在だから。

 

 

 

OFF THE TRACK

 I sometime go off a tangent when I teach something in class.
授業中、たまに脱線するときがあります。

 

Of course I know that we need a goal or an aim in class and we should achieve it, and those tangents could become distractions from achieving the goal or aim. However, I have a reason that I cannot help going off a tangent.
もちろん、授業デザインには"授業の目的"や"生徒の目標"は必要で、それらに到達する必要があります。脱線、というのはもしかしたらその到達すべきことの邪魔になるかもしれない。けど、脱線せざるを得ない理由があるんです。

 

That's always happen when a student asks a simple question.
それは、"生徒が質問をしてくれること"。

 

One day, I was teaching about a history of soccer in one of the classes, for the lesson of the textbook in charge was about a soccer.
ある日あるクラスの授業でサッカーの歴史を取り扱っていました。

 

When I was talking about World Cup 2002, which was co-held by South Korea and Japan, a student asked me a question.
"Why is the word 'South' there?"
2002年の日韓ワールドカップの話をしているとき、ある生徒がつぶやきました。
「なんで韓国のとこsouthってあるんスか?」

 

For me, this is a great opportunity to let them think of the difference of perspectives between Japanese and English, which can be related to our and thier cultures.
僕からしたら"キター!"って感じです。
これはそれぞれの文化にも通じうるであろう、日本語を通した世界の見方と英語を通した世界の見方が異なることを考えさせる絶好の機会です。

 

For students, this can be an essential chance to accept the identity of unkonwn; what they did not know, but once they know it, their possibilities toward communication can be opened up.
彼/女らからすれば、未知のアイデンティティというものを受け入れる、つまり、知らなかったが一度知ればコミュニケーションというものに対する可能性が開花するやもしれない、またとない機会。

 

This is why I cannot help going off a tangent.
これが、脱線を避けれない理由です。

 

Regarding an objective of education, this act of letting them think of the difference of perspectives or accept the identity of unkonwn is what Basic Act of Educaion declares.
教育の目的に関しては、この、日本語を通した世界の見方と英語を通した世界の見方が異なることを考えさせたり、未知のアイデンティティを受け入れさせたりすることは、教育基本法が謳っていることだと思います。

 

What teachers have to do to educate students is to be together with them while they are developing their personality through variety of opportunities, coodinating and designing those opportunities to make an impact on their identities in a proper way, for that should be the reason for every "teacher" to work.
教師がしなくちゃならないことは、生徒たちが様々な機会を通して人格の形成を行う時に、適切に彼/女のアイデンティティに衝撃を与える場を提供しながら、そっと彼/女に寄り添うことやと思います。

 

I want to make it commonplace that students think they can try something hard for what they want not only for the future but for the precious present.
生徒が何か一生懸命になれることを、"将来のため"とか以上に、"今その瞬間のため"にできる、そう考えられるようなことを、当たり前なことにしていきたいです。

INQUIRING MIND

This month, I went to Kyoto to see the ex-coworkers.
I felt weird to realize that it's been almost two months since I left the previous school.
Today I want to write about something important reminded when I saw them.
今月、前の職場の同僚と会う機会がありました。
もう2ヶ月経ったのかと思うとめっちゃ不思議な気持ち。ちょっと忘れかけてたけど思い出した大切なことについて書きます。

 

The days I had been in the previous school gave me a concept that I would like to educate in children.
前の職場では、子どもたちを"育む"うえだとても大切な考え方を学ばさせていただきました。

 

That's "INQUIRY", one of the essentially important concepts for education, which I was luckily able to learn at the previous school. People call it "TANKYU".
それが、"探究"です。僕は幸運にも学ぶことができましたが、教育にとってとても大切な概念です。

 

TANKYU is a process of making answers for unprepared questions by oneself.
探究とは、用意された答のない問いに対して、正しいと思える答を導き出す営み、のことを言います。

 

Simply speaking, in this context, "Unprepared questions" are the questions that people think it not easy to make a definitive answer to the question.
ここで、"答えの用意されていない問い"というのは、あくまでもシンプルに言うと「人が簡単には答が見つけることができないと思える問い」のことを言います。

 

I think it totally difficult to set this kind of question in class, even though preparing the question itself is a great opportunity for children to educate oneself; that's why lots of schools prepare the question in advance.
ほんとに"このような問い"をたてようとすること自体が子ども達にとっての自己教育を考えたときにとても良い機会になるのですが、このような問いを授業で立てるのはめちゃ難しいです(だから多くの学校では"このような問い"を前もって準備することもあるようです)。

 

However, this doesn't mean we don't have to have a great educational opportunity, TANKYU, because what we can learn by it is not short-term knowledge, but lifelong skills to live better in this complex and complicated world.
けど、授業でやることが難しいってことは、"探究"をやらなくていい理由にはならないなぁと思います。なぜなら"探究"は、この複雑きわまりない世の中で、より良い人生を歩むために必要なことを学べるからです。

 

Therefore I consider how I can adapt "TANKYU" into the daily classes, and found one of the ways.
なので、どうやったら"探究"が授業でできるか考えました。そして、1つの方法を思いつきました。

 

I found that we can do "TANKYU" activity in a daily class if we change the definition of "unprepared question" a little.
僕は、定義をちょっと変えれば良い、と思います。

 

Originally, "unprepared questions" are "the questions that people think it not easy to make a definitive answer to the question."
本来は、"用意された答のない問い"、とは、「人が簡単には答が見つけることができないと思える問い」です。

 

I change the definition into "the questions that students get it by themselves in themselves and try to find answers, whether or not people think it easy or difficult."
それを、「(人が簡単には答が見つけることができないと思っても思わなくても)自分自身が疑問に思った問い」に変えます。

 

This is not an original idea of TANKYU, so I can't call it TANKYU anymore. Therefore I would like to call it "TANKYU TEKI SHIKOU", "INQUIRING MIND", which every teacher can pay attention to and can be better for students' heart and mind when you talk with your students.
こうなるともはや"探究"ではなくなるので、"探究「的」思考"と呼びます。全ての教員が意識しうる、そして生徒のこころにとって教師との対話がよりよくなりうること。

 

"INQUIRING MIND" is "a mind of a process of making answers for unprepared questions, which students get them by themselves in themselves and try to find answers".
"探究「的」思考"とは、「自分自身が疑問に思った問いに対して正しいと思える答を導き出す営みを行っていく思考力」。

 

I want to be a teacher who can teach this idea to a lot of people, especially teachers.
この考えをより多くの人に伝えられる教員でありたい、そう思います。

 

 

HEAD AND HEART SPACE

Are you tired?
みなさん、疲れていませんか?

 

I've been thinking about a sense of tiredness recently.
最近、疲労感についてよく考えています。

 

Since I started working, I have often been aware that I feel tired.
When I feel so, I always notice that I unconsciously put pressure on my body and I notice I don't take a breath smoothly.
働きはじめてから、よく疲労感を感じていました。
そう感じる時、いつも無意識に身体に力が入っていたり、呼吸をちゃんとできていなかったりします。

 

What I think bad when it's easy to be tired is that it makes me feel doing something is hard and tiresome.
疲れやすいことがなんで良くないかというと、なにをするにもしんどかったりめんどくさくなったりしてしまうことです。

 

Another one is that it could make other people around me get tired easier, which means it is a bad effect when we work as a team: a bad factor to make a better organization.
他には、自分が疲れやすいときっと自分の周りの人も疲れやすくする気がします。チームとして働くには悪影響で、いい組織づくりには良くない要素になってしまう。

 

So I tried to find the cause why I get easily tired.
なので、なんで自分が疲れやすいのか、考えてみました。

 

Then I hypothesize that putting pressure on my body or the condition of not taking a breath smoothly might be not the result but the cause of why I easily feel tired.
そして、浮かび上がったのが「身体に力が入ってしまうことや呼吸がうまくできていないことは疲れやすいことの結果ではなくて原因ではないか」ということです。

 

Then I thought I would like to change it, and found out that I need to have "head and heart space".
ということで、それを改善するためにどうしたらいいのか考えましたが、【心の余裕】がを持つ必要があるなぁと思いました。

 

But saying is one thing and doing another. To do this, I got three important factors: a sense of relief, a sense of ease, and strategies.
ただ、【心の余裕】を持つって難しいです。それを持つためには3つのことが必要がだと感じました。それが【安心感】【脱力感】【引き出し】です。

 

①sense of relief…how many times sincerely I say phrases like "it's OK.""no worry.".

①安心感…心の底から「大丈夫や~」とかいう言葉を口ずさめているかどうか


②a sense of ease...don't put pressure on my body when I work, and I spend time consciously taking a breath smoothly.

②脱力感…肩と足に力を入れて仕事をしない。ちゃんと意識して深呼吸できているかどうか。


③strategies...how many times I ask a question to increase what I know.
③引き出し…「知っていること」を増やすために,同僚に毎日「質問」をしているかどうか。

 

I would like to pay attention to these three things, and make a head and heart space so that I would get less tired.
Actually, the action has been making me not feel tired easily.
この3つに注意を払って、【心の余裕】を作っていきたいと思います。疲れにくくなるために。
そして実際、実行を通して、疲れにくくなっている気がしています。


Now I think that I would like to be a person who is well aware of his body and heart condition.
今、自分の身体に対して敏感でありたい、すごくそう思います。

 

I thought so when I went to a bookstore and read through a book.

先日、ふと目に留まり立ち読みした本
『がんで余命ゼロと言われた私の死なない食事』(幻冬舎) 神尾哲男
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170405-00010002-jisin-soci
を通して、そう、思うようになりました。

 

This book tells us that miracle can happen if we are well aware of our body and heart.
この本は、自分の身体に敏感でいられたら、奇跡って呼べるようなことも起こせるということを教えてくれます。

 

and I've noticed something very important thanks to writing this,

"The more we have head and heart space, the more we can appreciate things, because that makes us be aware of things."

そして今、書いていて気づけた大切なこと。
「余裕が多いほど、きっと感謝も多くなる。
事象を味わうことができるから。」

 

I want to keep paying attention to the three factors.
今後もこの3つを意識していきたいと思います。

 

 

INTERIM ASSESSMENT

I haven't written this blog for a while.

I've moved to school so I have been busy, but I know I will keep being busy, now I would like to turn back to the first purposes I've had.
お久しぶりのブログ!
学校をうつりここのところずっと忙しかったのが理由ですが、今後も続きそうで、、、
ちょっと目的に立ち返ろうと思いました。

Purpose:
To set a regular opportunity for output of what I notice about English, English education, education, communication, classes, and child raising.

To improve writing ability in English

目的:
英語、英語教育、教育、コミュニケーション、授業、子育てについての定期的なアウトプットの機会を設けるため

英語作文能力の向上

I know these are worth trying so that I can improve myself and seize the day more deeply.
目的に立ち返ると思う…やっぱりやった方がいいなぁと思います。日々をより濃厚にするたにも。

So reflecting myself about why I couldn't continue this blog is essentially important to continue this in the continuous future.
なので、今後のために、まずはなぜ続かなかったのか、振り返ってみました。

I have three reasons: unclear process, goal awareness, number management.
すると3つの理由にいきつきました。

①Unclear process: I wasn't aware of what to do exactly to write the blog.
②Goal awareness: I have been having a goal to write this blog four times a month, but I didn't pay attention to it enough so I didn't care even though I didn't achieve the goal.
③Number management: I ought to have set a limited time to write this, but I didn't, as a result, I was afraid of how much I use time for this. Also I should have reflected myself with numbers to know how much I'm approaching to the goal everyday.
①プロセスが明確でないので、ブログを書くにもちゃんと意識的に書けなかった。
②月に4回書くという目標はもっていたがそこに注意を払っていなかったので到達できなかった。
③書くと決めたら時間を測ってやらないと。そこがなく時間がかかった分、どれだけ時間を使ってしまうか不安だった。また、数字で振り返ることもしていなかったので、目標にどこまで近づいていたかを把握していなかった。

What I should do to keep this blog is to make the process clear, to set a everyday goal and pay attention to it with numbers everyday, and to manage time.
続けるためには、プロセスを明確にして、毎日の目標をセットして、数値で管理する。そしてタイムマネジメント

This is an interim assessment.
I said I would do this and I've just done it, and realized how assessment is important.
中間評価やります、とか言ってたのでやってみましたが、前を向いていけそう。
評価ってやっぱり大切だと思いました…